ゆうさん通信

2020年6月4日|カテゴリー「ゆうさん通信
コロナで出張や会合がのきなみ中止となり


こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー代表の田原裕司です。
ゆうさん通信第8号をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

さて、この春は新型コロナの影響で、出張という出張、会合という会合が、のきなみ中止に。
そのおかげで時間ができました。

実は、昨年、私はこの歳で格好をつけ、パソコンをマイクロソフトのWindowsからアップルのMacに変更。
若者やデザイナーと言われるような人たちが使っているあの格好いいやつです。
当然、使い始めた頃は苦しんだのですが、だんだんと慣れてはきていました。
ただ、本来の使い方と言いますか、iPadやiPhoneと連動させる使い方
(同期させるやり方)がよくわからずにおりました。完全に宝の持ち腐れ状態です。

それが、今回のコロナで出張中止、会合中止となって時間ができ、
改めてMac、iPad、iPhoneの使い方について勉強する時間が取れ、
ずっとわからなかった使い方が、わかるようになりました!こんなに便利だったとは!と、驚きです。

また、今回のコロナによって「3密」を避けるため、会社の中の会議についても、
こちらは中止というわけではないのですが、皆で集まって会議をすることをできるかぎりやめようと、
そして、今流行のWeb会議システム(Zoom等)を使った会議にしようということで、取り組んでいきました。
社内だけでなく、社外の人ともこのWeb会議システムを使って、画面を通じて打ち合わせ等するようになり、
こちらのITツールについても、まだ使いこなせるというところまでは行っていませんが、
それなりに使えるようになってきました。

もし、今回のコロナがなかったら、もちろん、絶対ない方がいいに決まっているのですが、
私の場合であれば、それまでと同じように、出張や会合で忙しく飛び回り、
Macもあまり使いこなせず、Web会議システムなんてものにも、見向きもしなかったと思います。

災い転じて福となすがあるとすれば、これらITツールを以前より使える自分になったということかもしれません。

◆スタッフコーナー◆ 今回のお題:「プチ自慢・嬉しかったこと・チャームポイント」

田原 怜 (営業課長)

プチ自慢
長い時間寝れる
嬉しかったこと
・初めて車が納車されたとき 
・結婚したとき 
・子供が生まれたとき
チャームポイント
気が長い

山本 直弘 (出雲店 副店長)

プチ自慢
夕食は18人で食べている
嬉しかったこと
・子供が生まれたとき
・初めて住宅が売れたとき
・車、バイク、時計を買ったとき
・好きな曲のCDを買ったとき
チャームポイント
笑顔

高野 浩二 (家づくりアドバイザー)

プチ自慢
・雑誌に自分の車が掲載された
・縄跳び一番(小学校時代)
嬉しかったこと
姪っ子が生まれたとき
チャームポイント
気配り・気遣い

岡本 慧 (家づくりアドバイザー)

プチ自慢
・100mの松江市1位(中学)
・中高とサッカー全国行った
嬉しかったこと
・大事なサッカー試合で点を決めたとき 
・住宅の初契約のとき
チャームポイント
なみだぶくろ

長谷川 (家づくりアドバイザー)

プチ自慢
お金をかけずビフォーアフターのダイエット(-23キロ)
嬉しかったこと
長女から初給料でマグカップのプレゼントをもらった
チャームポイント
見た目と違い、料理が上手と思う・・・

黒崎 明子 (家づくりアドバイザー)

プチ自慢
3日ぐらい練習すれば、3オクターブくらいは声域がある
嬉しかったこと
自分と同じようなものが好きな人と知りあって、
その人とお互い好き同士になれたこと
チャームポイント
目、耳(米がのる)

2020年5月19日|カテゴリー「ゆうさん通信
◆伝わる話し方を学び、「外郎売り」を披露したのですが…


こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー代表の田原裕司です。
ゆうさん通信第7号をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

さて、私は以前から苦手意識を持っていることがありました。何かと言いますと、人前で話すことです。
若いときから人前で話すのが大っ嫌いで、極力、そういう場面を避けてきました。
ただ、会社の代表という立場柄、会議などで皆の前で話さなければなりません。
しかし、「何を考えているか理解できない」とか
    「いきなり説明も無しで始める」と批判をもらっていました。

話の内容にもよるのでしょうが、私の話し方が下手だからなのだと気づき、
これはなんとか改善したいと思っていました。

そして、昨年の春に意を決し、伝わる話し方を学ぼうと、ボイストレーニングを受けに行きました。
60代の男性の先生。その方は、ナレーションなどもされている方でした。
さっそく、その先生のところで練習が始まったのですが、
まず、母音(あいうえお)が出ていないと指摘を受けました。
なんのこっちゃという感じでしたが、わかる人にはわかるようで、そこからトレーニングが始まりました。
そして、いろいろと与えられた課題をクリアしていき、なんとか及第点をもらうことができました。

そして、せっかくなので、思い切って人前で披露しようと思い、若手とペアで
昨年末の忘年会で「外郎売り(ういろううり)」をやってみることにしました。

「外郎売り」というのは、アナウンサーや声優などが発声練習や滑舌の練習で使う
「拙者親方と申すは、御立会の内に御存知の御方も御座りましょうが・・・」で始まる長台詞。
約5分間のそれを丸暗記して発表しようと思いました。
練習に練習を重ね、迎えた忘年会、グループで100名いる前で、
ど緊張をしながら「拙者・・・」とスタートしたのですが、
途中で台詞が飛んでしまいあいにく、大成功!とはなりませんでした(涙)。

それでも、元アナウンサーの部長より「声は出ていたよ」とほめられ、
少しだけ嬉しかった思いがしました。
以前はぶっつけ本番で行っていたが、事前に準備、練習をするようになり、
多少は改善できているのではないかと思っています。
やっぱり、どんなことでも練習は大事だなぁと、改めて思いました。

◆スタッフコーナー◆ 今回のお題:「プチ自慢・嬉しかったこと」

青木 浩(リフォーム・アフター担当)

プチ自慢
モトクロスのレースに出ていたこと
嬉しかったこと
モトクロスのレースで優勝したこと

宮脇 淳二(現場監督)

プチ自慢
器械体操をしていたので、2回宙返りや大車輪が出来た(過去形)
嬉しかったこと
出雲市で優良工事表彰されたこと

齋藤 真(現場監督)

プチ自慢
トロンボーンを26年続けています。子供が5人姉妹です
嬉しかったこと
5人の子供が健康に生まれてきたこと

小谷 修(現場監督)

プチ自慢
建築の仕事を42年間、無事故で定年まで続けられたこと
嬉しかったこと
子供が無事大学を卒業して、3人とも、就職できたこと

山田 富由貴(現場監督)

プチ自慢
バルコニー物干の取付けが得意です
嬉しかったこと
「(株)コーユーのマドンナ」と呼ばれたこと

田原 裕司(代表取締役) 

プチ自慢
・UFO・火の玉を見た ・早寝早起き ・断食(太っています)
嬉しかったこと
知らないうちに、グループで社員が100名近くに増えていたこと
宝くじが10億当たったら
半分は寄付、半分で事業を立上げ、ちょっと遊ぶ
好きな言葉
守、破、離(真似から始める)
チャームポイント
・フットワークが軽い ・出張しても疲れない ・人見知りしない
子供の頃の夢
石油コンビナート技術者

2020年3月6日|カテゴリー「ゆうさん通信
◆私がこれまでやめてきた大きなこと

こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー代表の田原裕司です。
ゆうさん通信第6号をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

さて、皆さんは断捨離をしておりますでしょうか?私は、断捨離をしたいと思いつつ、
なかなか物を捨てられずにいて、とくに服などは増える一方で困っています。
ただ、私はこれまでに、いくつかの大きなことをやめてきました。

まず、ゴルフです。私は約15年前にゴルフをやめました。
最近、周りの人から「もう一回、ゴルフをやろうよ」と誘われるのですが、やっていません。
おそらくまたやれば、その魅力を思い出すのでしょうが、個人的にはゴルフをやるよりも、
会社としての新規事業、社会に貢献できる何かを生み出せないか?と考え、
それを立ち上げていく方に大きな魅力を感じています。

次に、テレビです。実は、2年前にテレビを見ることをやめました。
自宅にあったテレビは介護施設に寄付してしまいました。
一昨年の4月に大きな地震があり、築40年の自宅がもう倒れるかと思うほど揺れ、
命の危険を本当に感じました。
そのときから、テレビを見ている場合ではないと、いつ何があるかわからない人生、
もっと時間を有意義に使わなければと思い、テレビを見ることをやめました。
ちなみに、ときどき見たい動画はYouTubeで見ています(笑)。

あとは、最近、紙の本を読むこともやめました。
ときどき紙の本が恋しくなって手に取ることもありますが、今は電子書籍のKindleです。
本が増えないという利点もありますが、スピードが格段に上がったことを実感しています。

更に、当社では“禁義理チョコ宣言”を発令しています。
「チョコレートメーカーの策略にのる暇があるなら、お客様の喜ぶことを考えよう。」
と5年前より義理チョコを見る事はなくなりました。但し本気チョコは許しています(笑)

最後に、これはつい先日のことですが、毎年、年明けすぐ、元日午前0時に行っていた
初詣をやめました。肩肘張らず、数日経ってから行くようにしました。
元日だけ気合いを入れてもダメだなと思い、
また、時代も令和で働き方改革も進んでいますので、力まず行こうと思いやめました。

上のどれもやめて困ったことは、ほとんどありません。良かったことの方が 圧倒的に多いです。
3月は卒業のシーズンです。みなさんは、どんなことを断捨離したいと思っておりますでしょうか?

◆スタッフコーナー◆ 今回のお題:「卒業・入学」

田原 怜 (営業課長)

我が家の長男は、今年、小学校を卒業して中学生に。
中学生と言っても別れは無く、新たに他の小学校と一緒になって大田二中になり、
新たな友達が増えるだけです。
自分が中学生になった時も同級生が一気に3倍に。
3年間で一度も同じクラスにならなかった同級生の顔は分からない子が数多くいます。
そう考えると小学校6年間は濃いものだったんだなと、実感します。
子供にも一生付き合える友達が増えてくれるといいなと思います。

山本 直弘 (営業主任)

去年、長男の小学校卒業、中学校入学がありました。
長男の入学した中学校は、私が約三十年前に通った校舎のままで、懐かしい景色に色々な場面が思い出されました。
私が通っていた頃と、校歌も同じ。校歌斉唱では、自然と校歌を歌う自分に気が付きました。
約三十年 振りでも、意外と歌詞は覚えているものです。
今年は、次男の入園式があります。
長男の卒園式以来の園歌を、なるべく大きな声で歌ってあげたいと思う今日この頃です

高野 浩二 (家づくりアドバイザー)

入学・卒業の思い出として、高校は男子校に入学して、見渡す限り男ばっかりで、
最初は共学に行けばよかったと思っていました。
ただ、慣れると男子だけなので、気を遣わない気軽さはよかったかなと思っております。
唯一の楽しみは、道路挟んで真向いに女子高があったので、

岡本 慧 (家づくりアドバイザー)

私の学校のサッカー部の引退式は、卒業する3年生が親へ感謝の気持ちとして花と手紙を渡します。
1年生のときから先輩方がやっているのを見ていて、自分は『恥ずかしいから絶対やりたくない』と思っていました。
ですが、いざ3年生になって、その時が来るととても嬉しい気持ちになったのを、今でも覚えています。
親に感謝を伝える場面は、普段なかなかありませんが、
そういう機会を与えてくれたサッカー部の監督には感謝をしています。

黒崎 明子 (家づくりアドバイザー)

私が悲しみで初めて泣いたのが自分の小学校の卒業式。
同じ中学にみんな通うのに、何が悲しいのかとは思いますが、その時は大泣き。
男勝りな性格の私が泣いたことに周囲が驚いた記憶があります。
その後は中学、高校の時も気づけば大泣き。
短大の時はかろうじて泣 かなかったものの、スペイン人のとても厳しい先生(20代)から、
『黒崎、1年よく頑張ったね。私についてきてくれてありがとう』
と言われ涙腺崩壊。卒業は涙なくして語れません。
2020年2月3日|カテゴリー「ゆうさん通信
◆6年生の思い出になるために

こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー代表の田原裕司です。
ゆうさん通信第5号をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

さて、ここ数年、働き方改革という言葉をよく聞くようになりました。
かつて、私が社会人になった頃は、某栄養ドリンクのTVCMで「24時間戦えますか♪」
といった歌が流れており、働く時間を短くしてなんてことは、考えたこともありませんでした。
それこそ、24時間仕事のことばかり考えていた時代で、今の若い人たちからすると、
ブラックだと言われるかもしれませんが、私は、いい時代だったなぁと思うのです。
理由は、仕事を通じて早く成長できたからにほかなりません。

社会人になって3年、ある程度仕事を覚えてきた頃、こんなことがありました。
上司より呼ばれて行ってみると、「小学校の新築工事と同時期に受注した25m×6コースの
プールの新設工事に来週から行ってきなさい」と指令が。プールの新設工事なんて、
経験も技術もなく、自信がなかったのですが、やるしかありません。
着任当日、工事責任者の所長から言われました。「おう、田原君か、よろしくな。
工期が迫っているから超突貫工事になる。その覚悟でな」と。
すぐに現場がスタートしましたが、私は何をどう進めてよいのかわからず、
所長から手取り足取り教えていただきながら、工事を進めていくしかありませんでした。
そこから4ヵ月間、休日なし。もちろん、残業なんていう概念もなく、
「24時間戦えますか♪」状態。一食、二食抜きでの仕事なんて当たり前で、
結果、4ヵ月で体重も10㎏減・・・。

当時、学校側から、なんとか9月にある6年生の水泳大会までにお願いします!とあり、
私たちは6年生の子たちがプールの思い出を作れるように、そのためだけに超突貫工事。
なんとか完成・引き渡しができ、水泳大会にも間に合いました。
達成感があったのはもちろんのこと、今思うと、あのときにだいぶ鍛えられました。

もしかしたら、あの時代の若者は、今の時代の若者の2倍、3倍早く経験を積むことが
できていたかもしれません。時代も変わったので、当時と同じやり方は無理ですが、
若手の成長という面で見ると、あの時代は良かったなぁと、つい思ってしまいます。

◆スタッフコーナー◆ 今回のお題:「私の思い」

三谷孝司 (サービス付き高齢者住宅サンライズさつか 施設長)

私の「くらしへの思い」 誰も好んでここには来られません。
心を寄せ合い、家族を育みながらも、いつしか家族は小さくなり、気づいた時には、
体も心も老いが支配し、続いて訪れる諦観、あるいは虚しさ。
そんなのに付き合わせたくはありません。
あの人も、この人も、これからの私も、みんな同じ「くらし」を営んでいます。
「サンライズさつか」には、けっしてフィルターとしての介護はありません。
入居者様の家族にはなれなくても近付くことはできる。そう願い、ともに「くらし」ています。

江川寿一 (ケアサポートいろり 所長)

高齢者の方が産まれ育った場所で安心して生活できる様にサポートしたいです。
高齢になるにつれて老いて行ったり、病気やけがで今まで出来ていた事が難しくなったりするのは逃れられない事です。
私たちは出来ない事をサポートするのではなく「どうしたら出来る様になるのか」を
いろいろな支援者の方と相談しながらサポートして行く事を一番に考えて行こうと思います。
又、職員が働きやすい環境づくりも大切にしたいです。

松原久也 (デイサービスこうぜんじ 施設長)

こうぜんじの思いです。「職員がこうぜんじを使ってみたい」と思うことです。
昨年、職員に聞きました。「こうぜんじを使いたいですか?」そして、「使うとしたらどうしたいですか?」ということでした。
職員の思いは様々でした。当たり前のことだと思います。利用される方の思いも同じだと思います。
利用者の大半は「家族が行けっていうから来ているのよね。」「家族の手を借りる訳にはいかないから」なのです。
自分がしたい目的を持っておられないのです。目的を持った、希望が持てる利用にしていきたいと思います。
「体の痛みがひどいので」これが、なんとかなると「幸せ」だ。
それが出来ると、「こんなことも出来るし」「こんなこともしてみたい」楽しみを持って利用してほしいです。
認知症の方も同じだと思います。「その人らしさ」をどう尊重して対応していくかだと思います。

松本千尋 (ドリームデイいろり 施設長)

いろりは「心地良い居場所を提供する事」と思っています。
通所は、利用者様の食事、入浴、排泄、体調管理が主な事ですが、何より、
家族が円満に暮らしていけるお手伝いができる事です。
利用者家族には悩みがあり、利用者本人は、自分の衰えを感じ活気を失っていく方が多く見られます。
そんな中で、いろりにくれば、職員に相談ができる、家ではできない事、いろりに行けば要望を聞いてくれる、
そして家族も安心して預けられ、悩みを打ち明けられると言った心地良い場所にしたいと考えています。
スタッフも忙しい中に達成感を感じてくれたら良いと思います。

2019年12月11日|カテゴリー「ゆうさん通信
面接の場で聞くようにしています!

こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー代表の田原裕司です。
ゆうさん通信第4号をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

さて、先日、東京出張のときに、話題の「変なホテル」という名のホテルに行って来ました。
「変なホテル」というのは、ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、
旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)グループが手掛けるホテルで、
フロントにいるのが人間ではなく、ロボットであることなどで有名です。
実際は、ロボットが接客してくれるわけでもなく、宿泊者がタッチパネルにいろいろ
入力しなければならないなど、ツッコみどころは満載なのですが、ただ、感動もありました。

部屋には自動クリーニングマシーン(LGstyler)というものが完備されており、
そこに服をつり下げておくだけで、しわや嫌なニオイを除去してもらうことができ、
初めてこれを見ましたが、これは本当に優れものだなぁと、感動しました。

このような、どこかのお店や施設で受けたサービスについて、嬉しかったこと、
感動したことなどについて、実はここ1、2年、採用面接の場で聞くようにしています。
以前、何かの本で、「お客様と感動を共有できることが大事だ」と読みました。
受けたサービスについて、嬉しいと感じることができたり、感動することができたり、
そういった感性を持っている人であれば、お客様に対しても、何をして差し上げたら
喜んでいただけるのか、そういうことを自然と考えられるからです。

また、入社後もそういった感性をずっと持っていられるように、私たちの会社では、
日頃の会議のときに、ちょっと嬉しかったことや感動したことなど、
ハッピーニュースの発表を、私を含め全員で行っております。

これからの時代、ロボットがさまざまな業務を行うようになっていくとは思いますが、
だからこそ、人にしかできないこと、人にしかない感性、相手を思いやる気持ち、
そういったところを大事にし、しっかり磨いていけたらと思っています。

◆スタッフコーナー◆ 今回のお題:「私の趣味」

大谷 (総務課 課長)

私の趣味は硬式テニスです。
40歳になった頃、飲み友達に誘われて十数年ぶりに
ラケットを握りましたが、とてもぎこちなく、下手くその極みでした。
小、中と野球をやっていたため、何とかなるだろうと甘い考えで始めましたが、
始めたころはゴルフ同様、練習が終わった頃にはヘロヘロに・・・。
ただ、時間の経過とともに、我流ながらもだんだんと「サマ」になっていき、
テニスの面白さにハマってしまったのです。
相手に次のボールをどこに打たせるのか考え、サーブやショットを打つ。
先を読む組立てとショットの精度、相手が打ってくるポイントを予測し、
飛んで来るボールへと走る短距離スピード、ダッシュとストップを繰り返す筋力、
身体を安定させるための体幹、長い試合時間を戦う持久力。
テニスをやっていくうちに、その奥深さにのめり込んでしまったのですが、
もちろん、ボールを綺麗に打った時の、パーンという乾いた響きの音と感触は、
ストレス解消にもってこいであることは、言うまでもありません。
ここのところ仕事が忙しくなり、週一の練習すら出来ていませんが、
趣味というのは自分を取り戻す時間と捉え、自分を大切にするためにも、
ボチボチ再開したいと思っています。
まだまだ下手くそな私ですが、もし、一緒にやってみたいと思われた方は、
終わった後のお酒を楽しみに、白球ならぬ、黄球を追いかけて、
「エースをねらえ!」の世界を体験してみませんか?

高津 (総務課)

私の好きなことのひとつが読書です。
最近は電子書籍を利用しているので、スマホやタブレットを使っています。
目にはあまり優しくありませんが、紙媒体と違って保存状態を気にしたり、
折り目がついたり、紛失したりのリスクがないのが良いところです。
ちなみに、私の好きな作家さんは小野不由美さん(以下「小野先生」)。
作品に出合ったのは高校生の時の図書室。小野先生の作品は、初めて目にする言葉のオンパレードで、
普段使うことがないような難しい言葉がたくさん出てきます。
「屍鬼」という作品は、上下巻合わせて1000ページを超える大作です。
手にしたときは、さすがに読み切れるかどうかと逡巡してしまいました。
それでも、独特な世界観や魅力的な言葉たちに誘われ、どんどんと引き込まれていきました。
読み終えた時の満足感と達成感は一入(ひとしお)のものがありました。
小野先生の作品で特に好きな作品は、「十二国記」というシリーズで、そのシリーズの中で
特に好きな言葉として 「責難は成事にあらず」があります。
これは、誰かを批判したり非難することは、何かを成すことではないという自戒の言葉として
出てきたのですが、これにはハッとさせられるものがありました。
このシリーズの最新刊が18年振りに、10月、11月と続けて新潮社から発刊されましたので、
お正月にゆっくり読みたいと思って、年末を楽しみに過ごす今日この頃です。



2019年11月29日|カテゴリー「ゆうさん通信
◆信じるか信じないかはあなた次第です!◆
こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー代表の田原裕司です。
ゆうさん通信第3号をお送りいたします。よろしくお願いいたします。
さて、夏になると思い出すことがあります。このことは、あまり人に話していないのですが、
せっかくの機会ですので、書かせていただきます。お話は2つです。

まず、中学3年生の夏休み。その日の夕方、ぼーっとテレビを見ていた私の耳に突然、母親の叫び声が。
「ちょっとーっ!!」私は、何事か!と思って急いで外に出て、母親のところの行ってみると・・・。
家の近くには、弘法大師が滞在した山があり、そこにたくさんの灯籠があるのですが、そのあたりになんと、
5~6個の火の玉が、ふらふらふらふらと浮いていたのです!初めて目にする火の玉。
青味を帯び不気味な雰囲気を放っていました。もう体中の毛が逆立ち、ぼうぜんと立ちすくみ、
30分は見ていたと思います。

時が過ぎ、昨年の夏。ちょうど今くらいの時期です。
私は、とんでもないものを見てしまいました。未確認飛行物体、UFOです。
岡山から島根に帰る途中、夜10時頃、高速を走っていた私は、
巨大な物体が宙に浮いているのが見えてしまいました。
「なんじゃありゃ!!」と、びっくりした私は、偶然近くにあったスペースに車を止めて、
直径1000mはあろうかという巨大な物体を眺めました。
その形は、釣りの円錐状の浮きの様な形で、それが宙に浮き、
そして、ライトが点滅しながら、ゆっくりと自転していたのです。
他の車の運転手は見えていないのか、スイスイスイスイ通り過ぎて行きます。
私はもう圧倒されてしまい、あとで皆に話すと、「写真は?」と言われるのですが、
それができる状況ではありませんでした。
10分ほど眺めていたら、その母船から小さい飛行体が3つほど、
ものすごいスピードで水島方面へ飛んで行きました。

急いで家に帰り、「岡山UFO」とネット検索すると、けっこう出てきましたが、
同じ目撃情報はなく……
岡山のあたりではUFOがよく見えるという情報は載っていました。

私は信じているのですが、皆さん、どうでしょうか?  というわけで、

信じるか信じないかはあなた次第です!

◆スタッフコーナー◆ 今回のお題:「私の趣味」

青木 浩(リフォーム・アフター担当)

私の趣味はバドミントンです。
今は見る方になっていますが「いつかまた」という気持ちでいます。
始めたきっかけは、体力の衰えを感じて地元のスポーツ教室に参加しようと思ったこと。
卓球やテニスなどに比べバドミントンは目立ちませんが、
実は、日本のバドミントンのレベルは非常に高く、
世界ランキングで日本の選手が上位を独占しています。
今後、バドミントン選手の活躍をきっかけに
もっと多くの人が興味を持ってもらえたらと思っています。

齋藤 真(現場監督)

私が一番長く続けている趣味は楽器です。
小学4年生の時の吹奏楽部から続けています。
小学校の時、友達に誘われて行き、一通り楽器を吹かせてもらいましたが、唯一、音の出た楽器はトロンボーン。
以来、学生時代は吹奏楽でトロンボーン吹いていました。
社会人になって、京都で一般団体に入団。
島根に帰ってきてから出雲と益田市の一般団体に入団。
経験年数だけでいくと23年ですが、まだまだ上手く吹きたいという気持ちがあります。

宮脇 淳二(現場監督)

料理です。妻の体調がすぐれない日に作っています。
最初は簡単な料理しかできないし、時間も掛かっていましたが、だんだん上達しました。
私が料理を作るようになると、中1の息子が手伝ってくれるようになり、
また、小4の息子まで料理を手伝ってくれるようになりました。
そして、何より嬉しいのは、家族で美味しいと笑って食べる幸せな時間を過ごせること。
日曜の夕方、ビールを飲みながら作る料理。これが私の趣味かも知れません。

日野 建一(設計)

私の趣味は横笛作りです。
大社町在住で、正月には吉兆さんという出雲大社に奉納する伝統行事があります。
毎年参加し、早朝から夕方まで町内を囃子たてます。
それ用の竹製の横笛を作っています。
先日は横笛でなく縦笛を作ってみました。
ケーナと呼ばれる笛です。
なかなか音が出せなく、少しばかり練習して、来年の正月には縦笛も交えて囃子たてたいと思っています。
1本作るのに1ヶ月くらいかかります。
作ってほしい方はどうぞ。

山田 富由貴(現場監督)

今は子供や家のことばかりで、自分の時間はありませんが、最近、スパイスに少しハマっています。
知人宅でご馳走になった本格的な豆カレー。
普段、カレーを喜んで食べない子供3人が、おかわりしたのです。
縁遠くなっていたカレーですが、スパイスから作ってみようと決心。
いくつかのスパイスは他の料理にも応用でき、料理の幅や味の深みが増して楽しいです。
子供も「お母ちゃんのスパイスカレーはおいしいよ!好きだよ!」と言ってくれます。
2019年11月29日|カテゴリー「ゆうさん通信
◆土砂降りの中、私たち家族は・・・◆
こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー代表の田原裕司です。
ゆうさん通信第2号をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

さて、梅雨の時期になると思い出すことがあります。
それは、私が子どもの頃、一度だけ連れて行ってもらった家族旅行のことです。

今から54年前、私が産まれて間もなく、父はコーユーを創業。建設業の会社を興しました。
当時は、今と違って休みという休みはほとんどなく、晴れていれば日曜祝日関係なく仕事をしていました。
もちろんそれは、家族、それから社員を養っていくためだったと思います。

そんな状態ですから、私は子どもの頃、父親にどこか連れて行ってもらった記憶がほとんどありません。
友達が(当時の)大阪万博に連れて行ってもらったなどと言っている中、
我が家は時間的にもお金的にもそんな余裕はありませんでした。
ただ、私が「友達がどこに行った」という話をしていたのでしょう。
父親もどこかに連れて行ってやらないとという気持ちがあったのだと思います。

ただ、晴れた日は仕事。結果、土砂降りの雨の日に、家族旅行をすることになりました。

突然、「旅行に行くぞ」と言われ、当時、まだ妹が産まれる前、私が小学校に上がった頃だったと思います。
家族4人、土砂降りの中、出かけることになりました。
行き先は、島根県内の温泉。私の記憶の限りでは初めての家族旅行でした。
は正直、嬉しくありませんでした。外は土砂降り。近場の温泉。
今でも記憶に残っていますが、土砂降りの中、露天風呂にも入り、なんでこんな雨の中で・・・と、
子どもながらにみじめに思ったことを、今でも鮮明に覚えています。
以後、家族旅行はありませんでした。

それでも、私が大人になって父になり、そして、最近になってようやく、あのときの父の気持ちが
わかるようになってきました。
父は父なりに、仕事を頑張らなきゃいけない中、子どもに何か思い出を作ってやらなきゃという
気持ちがあったのだと思います。

仕事が大変な中で父が作ってくれたこの思い出は、華やかでも何でもありませんが、私のひとつの宝物になっています。

◆スタッフコーナー◆ 今回のお題:「夏の思い出」

田原 怜 (営業課長)

5年前の夏、自宅を建てました。
その当時は、自分の持っている知識をフル動員して考えたつもりが、
いざ住んで使っていると「ああしておけば良かったな」の連続です。
その経験から、建てていただいた方には、「もっと良くしよう」と日々考える毎日です。
先日も、建てていただいた方に「使い勝手が良かった」と言っていただき、
それが今の仕事をするモチベー
ションになっています。

山本 直弘 (出雲店 副店長)

私の住んでいる出雲市多伎町では、毎年、スイムランンin多伎大会と、キッズスイムランin多伎大会が開催されます。
私が若い頃(20年くらい前)は、エイドステーションのボランティアを毎年しておりました。
近年は、毎年、息子や甥っ子、姪っ子たちが6~7人程出場し、応援できる年は、なるべく現地で応援しています。
走るのも泳ぐのも不得意な私ですが、地元での大会を通して、アスリートの方々との交流を楽しみにしています。

高野 浩二 (家づくりアドバイザー)

30年前の夏、北海道へ友人たちと1週間バイクツーリングへ。
東京からフェリーで33時間船酔いしながら苫小牧に到着!
信号が全くない広大な牧草地、どこまでも続く直線道路。
同じ日本なのかと疑った記憶が残っています。
真夏でも標高が高いとこで野宿した時は、寒くて眠れなかった事も。
襟裳岬~根室~摩周湖~網走~宗谷岬~富良野~苫小牧まで、走行距離1,600km。
今は三瓶山に向かうバイクを見ると、この事を思い出します。

岡本 慧 (家づくりアドバイザー)

今でこそ体重80㎏(身長176㎝)ですが、昔は62㎏とガリガリでした。
私は小学校から高校までずっとサッカーをしていました。
高校の全国大会は冬ですが、中学ではクラブユースという大会が夏にありました。
その年の夏、私たちのチームは、島根県代表として出場しました。
島根県大会、無敗の私たちでしたが、中国大会では、サンフレッチェ広島ユースに、なんと0-7で大敗。
全国のレベルの高さを思い知った中学の夏でした。

黒崎 明子 (家づくりアドバイザー)

私の家は「稲佐の浜」の近くにあり、夏になるといつも多い観光客に海水浴客も加わり、とても混雑します。
夏の始まりを告げるのは、『篝火舞(かがりびまい)』です。
夕方から夜9時頃まで、稲佐の浜の砂浜の舞台で、何社中も神楽を舞うイベントです。
夕方の砂はまだ熱いのに、夜になると砂の温度が下がり、観ているだけでも足元から体が冷えてきますが、
勇壮な舞に時間を忘れて見入ってしまいます。
大人から子供まで大人気のイベントです。

2019年11月28日|カテゴリー「ゆうさん通信
◆ごあいさつ◆
こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社コーユー、代表取締役の田原裕司です。
今月より「ゆうさん通信」を発行させていただくことになりました。

おかげさまでお客さまが増え、また、同時に従業員が増えていく中で、以前のように全ての方と直接お会いすることが、
だんだん難しくなってきてしまいました。
そんな中でも、私のことを身近に感じていただければと、頭の片隅に置いておいていただければと思い、発行させていただくことになりました。
この通信では、私が日々考えていることや、ちょっとした気づきなどを発信させていただく予定です。

まずは隔月で発行させていただきますので、お時間のあるときにでもお手に取って、お読みいただけますと幸いです。
これからこの「ゆうさん通信」も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

◆「ありがとう」と言っていただける仕事を◆
「ゆうさん通信」の記念すべき第1号は、私がこの住宅の事業をどんな気持ちで営んでいるのかということについてです。

まず、私はもともと土木の仕事をしていました。
学校を卒業してから別の会社で修行をし、そして、父親が立ち上げたコーユーに来ました。
実はそのとき父は病気で人工透析をしていたのですが、当時はまだ人工透析が技術的に確立されておらず、効果もいまいち。
人工透析をしながら仕事をする父を見て、息子ながらに申し訳ない気持ちになっていました。

個人的には学生のとき、当時は就職も良く、中東で石油コンビナートなどプラントの建設事業の求人もあり、それに行きたかったのですが、
そんな父の姿を見ていましたので、当時の自分の夢は諦め、こちらで土木の道を歩み始めました。
(当時の同級生の中には、実際に中東に行った者もいます)
そして、私がコーユーに戻って、40歳のときに、今から17年前のことですが、父が亡くなり、私がコーユーの代表になりました。

その頃からです。だんだん公共工事の仕事が少なくなっていきました。かつては会社の大きさごとにバランス良く仕事があったのですが、
自由競争入札となり、とにかく安くできる会社、言ってしまえば、値段だけで決まってしまうようになってしまいました。
そこに明るい未来を見出せなかった私は、新たな事業をしようと思い、そこで介護事業と同じく始めたのが、住宅の建築事業でした。

土木と建築は似ているようで別物です。
土木が公共の仕事だったのに対し、住宅の建築は個人のお客さまが相手で、こちらからどうPRしていけばいいのかからわからず、
最初の頃は本当に苦労しました。

それでも、地元で長年に渡り土木の仕事をしてきたことが地元での信用に繋がり、当時はまだ実績も何も無かった私たちに、
お家を建てるお仕事のご依頼をしてくださるお客さまが何人もいらっしゃいました。
中には私の同級生もおりましたが、お客さまに対しても、また、父、それから父の代から地元で信用を築いてきてくれた
コーユーの諸先輩方に対しても、本当に有り難いという気持ちになりました。

そして、この住宅の事業を始めて12年が経ちますが、実は、土木の事業をしていたときから抱いている共通の気持ちがあります。

土木の仕事をやっていたとき、何年かに一度、大きな自然災害で道路が寸断されたり、電話線も電気も水道も切れて、
集落に繋がるものがなくなってしまうということがありました。そういうときこそ当時の私たちの出番。
「なんとかして早く直してくれ」という地元住民の方々のお声に応えるべく、2~3カ月休みも取らず、
超が付くほどの突貫の工事で、早期の開通・復旧に努めました。
そして、工事が無事に完了したときに、地元の皆さんから「ありがとう、ありがとう」と、本当に何度も感謝され、
そのときの「この仕事をしていて良かった」という気持ちが今でも忘れられず、
とにもかくにも、地元の方から「ありがとう」と言っていただける、
地元の人のお役に立つ仕事がしたいと、今でも強く思っています。

これからも、しっかり、地元の皆さんのために頑張って参ります。こんな私ですが、引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。


scroll-to-top