コーユーニュース

ブログ

■原因不明の臭い■

fbfb872f6b9df3c87819ef1e7c06ca6e1
SNSに3回にわたり投稿した、内容を掲載します

こんにちは、アフター担当の青木です。

今回は洗面化粧台の排水口から異臭が発生すると連絡があり、
アフターが出動しました

トラップ

(排水管の中の悪臭を遮断するために配管の途中に設置する器具)

が2箇所ついているので、

理論上は臭いが出てくることはありえないのですが、

原因がわからないため、水道業者と一緒に首をひねるばかりでした

92327fc55ab0b2bc2510de09901b4ce5

最終手段として洗面化粧台から外に通ずる排水管の中を

高圧水洗浄することになりました。❗️


洗浄終了後にお客様に「様子を見て下さい」と伝え、

お客様からは「何かあれば連絡します」ということになりました。

これで何とか解決できれば・・・と祈るばかりです





しかしまた臭いが・・・

前回、排水管を洗浄する前に臭いを確認した時、排水口は悪臭はありませんでした。
念のためにオーバーフローの穴の臭いを確認したところ、こちらは悪臭がしました。

犯人はこれ

ということで原因究明のために、試しに穴にテープを貼ってふさいで様子をみたところ、臭わないようになりました

そこで次はオーバーフローの穴にパイプ洗浄剤をブシュッと流し込んだ後、水で洗い流しました。

汚れが出てきました。

これで大丈夫の筈ということで1週間後にお客様に確認したところ OK でした。

その後、お客様の方から
「オーバーフローのパイプの形状が下に垂れ下がっているような形状になっているので、ここに汚れが溜まるのではないでしょうか。」
との指摘があり、写真が送られてきました


洗面化粧台の販売会社に連絡し、解決のために訪問してもらうことに



d6b3907fbb5a8060c2edd798056e272e1
5faf7562be0168cd343397e92d752e58
訪問前にメーカーの修理の担当の方と話をしたところ、
「とりあえず部品を交換して様子をみましょう。」と言われましたが、
部品が劣化しているわけではなく、同じものに取り換えても改善されないと思い
「それでは直らないので、他の方法を考えて下さい。」とダメ出しをしました

結局、やったことは
パイプが下がっている部分を吊って上に持ち上げるための部品
(ただの結束バンドです)を取付け、パイプ内に水が溜まらないようにしました。

これで修理完了です  これまでとても長い道のりでした

6/22 お客様から第一報
7/6 水道業者調査
7/11 排水管トラップへ薬剤投入
8/9 床下・外部排水管高圧水洗浄、オーバーフローの穴をふさいで臭い発生確認
8/31 オーバーフローパイプ洗浄
9/15 オーバーフローパイプ勾配調整

原因が分からなかったため、水道業者も??でした。
大分あずりましたが(てこずるという意味の島根の方言です。)
ミッション完了です




scroll-to-top