スタッフ紹介

田原 裕司(代表取締役)

0021
干支
血液型
A型
趣味
仕事、セミナー、読書、ドライブ、神社仏閣巡り
座右の銘
ナンバー1
家づくりは家族のしあわせ作りです。そこには暮らしがあり、家族の歴史が刻まれます。長年、建築に携わってきた中でわかったことは、「明るい笑い声の絶えない家」こそが「幸せな家」だということです。 幸せな家づくりのヒントは、家の中にも、夢と愛をはぐくむ機能があっていいと思うのです。イシンの家に魅了され加盟より10年間、私はひたすらお客様の幸せへの道を求め続けてきました。
『イシンの家は強い』から『イシンの家はセンス良い、お金が節約できる。健康的である』へどんどん進化しています。人も建物も健康で100年間いきいきと生きられたらどんなにいいことでしょう。雨にも負けず風にも負けず、台風や大地震にも耐える丈夫な体を持ち、わずかな暖房や冷房で快適に暮らせれば体の弱い子供やお年寄り、そして地球環境にもきっと優しい家になることでしょう。
 今や住宅も量から質の時代。数年前に欠陥住宅対策のために品質管理促進法ができ、住宅性能表示制度が創設されましたが、果たして法律だけでいい住宅ができるでしょうか。
どんなにいい工法でも最後は人です。
私たちは常に「品質や性能」にこだわりを持ってきました。そのために人づくりにも膨大な時間と費用を費やしてきました。技術やテクニックばかり長けていても人格(こころ)が伴なわなければ、真のお客様の感動は無いのです。
これからも社会はどんどん変化し、その成長に追い付けずに傷つけ合い、苦しみの中で生きていかなければならない場面にもたくさん出会うと思います。 だからこそ、文明が進化すると共に、家に住む私たちの心の文化も進化し続けることが大事です。
過去の先輩方がつくられた知恵に感謝すると共に、これからは間取り・機能・外見デザインに片寄りがちな住宅設計方法を捨てて、 心を育む専用空間を持った精神性、人格を高める住宅も創造することが私たちの務めだと思います。
scroll-to-top